不要な車は専門業者に高価買取りしてもらう事をおすすめ致します!

最終更新日:2018年12月11日

車を買取してもらう上でもっとも大切なこと、それは思い込みの排除です。

考える男性

車を買取してもらう上で大切なこと、それはあらゆる思い込みを排除することです。

もう十年以上使っているから、車種が旧式だから、など色々な理由から「この車はあまり高値で売れないだろう」と考えて、安値で手放したり廃車にしてしまう、こういう事例がけっこうあります。

しかし、そういう思い込みを排除することで、自分が思っていたよりも、ずっと高値で車を売ることが出来ます。

車買取の世界というものは、交渉の世界です。

確かに、車の車種や状態で、ある程度の相場は決まりますが、その相場は、あくまで買取の目安に過ぎません。

相場を絶対視してしまうと、「もうこれ以上の価格では買い取ってくれないだろう」と、安い値段で売ることになりますが、その相場という思い込みを排除することで、思いのほか高い値段で買い取ってくれることがあるのです。

もちろん、その手の交渉がうまくいくとは限りませんが、やらないより、やった方が車を高値で売りやすくなります。ですので、車を高値で買い取ってもらいたいなら、思い込みを捨てて、強気の交渉をするのがよいでしょう。

この、思い込みを捨てて交渉することの他にも、車を高値で買い取ってもらうためにするべきことがあります。

それは、車を買う時に国産車ではなく、外国産の車を買うことです。

一概には言いきれませんが、基本的に国産車より外国産の車の方が、中古で売れやすいです。なので車を買うとき、国産車の新品よりも外車の中古品を買った方が、後々高値で車を売りやすくなります。

もちろん、この方法だと中古品をさらに中古で使いまわすことになるので、経年劣化が激しくなりますが、それを考慮しても、(後で中古車として売ることを仮定すると)国産の新車を買うより、コスパがいいことが多いです。ですので、車を買うなら外国製の車を買うようにしましょう。

思い込みを捨てて強気で交渉する、外国製の車を積極的に購入する、この2つの点を実行すれば、何も考えずに車を買って売るよりも、高値で車を買い取ってもらうことができるでしょう。

他にも、日頃からきちんと車の手入れをしておく、出来るだけ車を痛めないようにしておく、車を売る際複数の業者から見積もりをとる、これらのことに気をつければ、さらに高値で車を売ることが出来ます。

いずれにせよ、ぶっつけ本番で車を売るより、よく考えて車を売った方が、高値で売れることは間違いないので、情報を足で稼いだり、より効率的な売り方を頭で考えたりしながら、工夫して車を売るのがよいでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

楽天オート