不要な車は専門業者に高価買取りしてもらう事をおすすめ致します!

最終更新日:2018年09月21日

安全性への取り組み

サポートにチェックマーク

近年、車の安全性に関する技術がかなり進歩しています。
各メーカーから様々な「安全」への取り組みが提案されています。
障害物を感知して自動停止するシステムや、駐車時に車両の周りをカメラで確認できるシステム、更には走行中、歩行者と衝突した際に歩行者に対してエアバッグを出すシステムまで開発されています。
自動停止システムは多くのメーカーが取り組みを行っており、中でもスバルの「EyeSight」技術はすばらしいものだと思います。
ステレオカメラによって距離感を計算し、前方車両、自転車、歩行者、車線まで認識するようです。カタログ値では「EyeSight ver.2」が30km/h。「EyeSight ver.3」では50km/hで走行中でも自動ブレーキシステムが作動するということです。
緊急時にしか使用しないイメージが強い「EyeSight」ですが、実はドライバーにとって非常に便利なシステムなのです。長距離ドライブの際、高速道路など信号が無くほぼ一定の速度で走行する機会があると思います。ハンドルを握り、アクセル、ブレーキ操作を繰り返し行うことで長時間の運転となると疲労して危険につながります。しかし、「EyeSight」をうまく使用することで、この疲労感を軽減することができます。
「EyeSight」にはクルーズコントロール機能も備わっています。
これまでのクルーズコントロールは車速を設定し、アクセルを踏まなくても常に同じスピードで走行できるというものでした。「EyeSight」に備わっているクルーズコントロールは一味違います。
まず、ハンドルに付いているボタンを使用して5km/h単位で車速を設定すると、その車速をキープしながら車は走行します。さらに、前方の車両に追い付いたり、車線変更をした車両が前方に入ってきた場合、「EyeSight」が認識し、自動でブレーキをかけ、速度を調整します。前方に車両が走行している場合は、前方車両のスピードに合わせて車間距離をあけて走行します。車間距離は3段階で設定可能です。
アクセル、ブレーキを使用しない為、ドライバーにとっては半自動運転のような気持ちになるのではないでしょうか。
長距離ドライブの疲れを軽減し、安全を提供してくれる「EyeSight」はこれからの車社会の「安全に」大きな影響を与えるものだと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

楽天オート