不要な車は専門業者に高価買取りしてもらう事をおすすめ致します!

最終更新日:2018年10月18日

高齢者の車の運転

車同士の衝突事故

最近ニュースや新聞で、高齢者の方の交通事故をよく見かけます。多くの場合で、重大な人身事故となっており、車を運転する者にとって、もはや他人事ではありません。確かに、街中を走っていると時々こんな車を見かけます。

ふらふらーっとハンドル操作がままならない車や、車線をまたいで走っている車、極度にスピードが出ていない車やハザードランプをつけっぱなしで走っている車。どれも見ていて危なっかしいものばかりです。

最初は若い子たちがふざけて運転しているのかなと憤っていましたが、よくよく運転者を確認してみると、高齢者の方の割合が非常に高いではありませんか。

周りの車が気を付けて走れば大方の事故は避けられるとは思いますが、それにも限界があります。とはいえ、車がなければ日々の生活が成り立たない高齢者の方も多いはずで、そんな方たちから運転免許を取り上げるのは、いささか強権的すぎます。そんな車の事故を無くすべく、今では自動運転技術というものが急速に発展しており、本格的な導入は目前となっています。

これが広まれば、事故は限りなくゼロに近づくことでしょう。しかし、自動運転車は高額なため、一家に一台の時代は当分先のこととなりそうです。そこで、今注目を集めているのが、ブレーキペダルとアクセルペダルが一体になった車です。

通常ブレーキペダルとアクセルペダルは別々に設けられていますが、その車は一つしかないのです。加速する場合はそのペダルを横に動かし、ブレーキをかける場合は今まで通り踏み込むだけ。こうすることで、とっさにアクセルを踏みこんでしまうという現象がなくなり、事故が防げるのだそうです。確かに、高齢者の方の車の事故を検証してみると、「アクセルペダルとブレーキペダルを間違えた。」という方が圧倒的に多いのです。

そこに目を付けたであろう、新技術。最初は慣れるのに時間がかかるとは思いますが、慣れれば間違いなく事故を減らすことができるはずです。今後はこの技術がシェアを獲得するのかもしれませんね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

楽天オート