不要な車は専門業者に高価買取りしてもらう事をおすすめ致します!

最終更新日:2018年01月24日

車の買取について

初心者マークにオッケーサインの男性

中古の車の査定額を比較する前に、査定サイトを比較しましょう。
どの査定のサービスを使うかにより、買取の額がかなり違ってくることもあるからです。

車の査定は大きく分けると、単独査定と一括査定の2つのグループに分けられます。その単独査定の中に下取りと買取があります。

その中の下取りは、おそらく一番馴染みがあるのではないでしょうか。実際に下取りを利用する割合は、全体のおよそ8割くらいになるでしょう。

車の下取りというのは、新しく購入をする車の一部の代金に当てるということで、今現在乗っている車を引きとってもらうということです。買取というのは、今現在乗っている車を売ってしまって、現金に換えてしまうということです。

その買取の中には、単独調査の買取と一括査定買取があります。単独調査の買取というものは、街の中にある中古の車買取店で行っている、普通の車の買取です。一括査定の買取というものは、一回の査定の依頼で、たくさんの買取の専門店の見積もりを競わせる、インターネットの中でやるシステムです。

車を売る方法には、クロス売買とV字売買があります。

クロス売買というものは、車を買うところと車の下取りをしてもらうところとが、同じお店で行うということです。

このクロス売買というものに対して、新しく車を買うお店と、車を買い取ってくれるお店が違っている場合をV字売買といいます。

昔は車の売買は下取りということを通して、一箇所の車の販売店で行っている、クロス売買をする方がほとんどでしたが、1990年代に入って出てきた新しい業務の体制をとる車のお店が出てきたことにより、車を購入するところの自動車の販売店と、車を売るところの自動車の買取店の2つに分かれてしまったことにより、少しずつV字売買が増えてきています。

個人売買やネットオークションなどの取引で車を売るという方もいますが、費やす時間や安全性から見ても、それと高く売れたいという最初の目標が絶対に達成されるということはできない場合もあるため、あまりお勧めできません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

楽天オート