不要な車は専門業者に高価買取りしてもらう事をおすすめ致します!

最終更新日:2018年07月22日

買取専門店かディーラーの下取り、どちらがお得か

人差し指を立てるスーツの男性

車を乗り換えるときには、ディーラーで下取りしてもらうか、買い取り専門店で買取ってもらう人がほとんどだと思いますが、どちらが高く買い取ってくれるのかということは、ケースバイケースで一概には言えません。まずディーラーで下取りしてもらう方が良いケースは、新たに購入する車がデビューして間もないモデルである場合や、値引きをしない車である場合です。一切値引きをしないことで有名なのはレクサスやMINIで、こうした車はディーラーも少し高く車を下取りしてくれることが多いと言われています。また極端に古い車は、ディーラーでは下取りしてくれないばかりか、むしろ廃車にかかる諸経費を請求されることがあります。

一方、買取専門店で買取ってもらった方が良い時もあります。買取専門店は、買取った車をオークションに出品して、その差額で利益を確保していますので、オークションで人気がある車は、高値で買取ってくれます。特に古い車で走行距離が多くても、人気車種なら、ディーラーよりも高値で買取ってくれる傾向が強いといわれています。例えばミニバンや本格SUVなどは人気で、ディーラーよりも高値で買取ってくれます。これはオークションに出品するほか、独自のルートで輸出などをしているからです。日本車は頑丈なので、海外では人気があり、沢山輸出されています。

また大手の買取専門店は、最近は中古車販売店も経営しています。買い取った車を自社で販売していますので、中間マージンが省けるというメリットがあります。このため大手の買取専門店は、他よりも多少高く買い取ってくれるという傾向があります。

その他には、古い車や修復歴がある車を専門に取り扱っている、中古車販売店も経営しています。こうした車は割安で購入できますので、一定に人気があるといわれており、自社で買取った古い車などもこうした方法で販売しています。

いずれにせよ、買取専門店かディーラーでの下取り、どちらが有利かはケースバイケースですので、両方で査定してもらうことをおススメします。また買取専門店を何軒も回る人もいますが、買取専門店はオークションの相場で買い取り額を決めていますので、どの店でもほとんど変わりませんので、1~2店で十分だと思います。

そのうえで、高い査定額を出してくれた方に売却すればよいと思います。またディーラーのセールスマンは、買取専門店の査定額を伝えると、その値段で買取ると申し出てくれることもあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

楽天オート