不要な車は専門業者に高価買取りしてもらう事をおすすめ致します!

最終更新日:2018年07月22日

車買取で重要な3点のポイント

びっくりマークに人差し指を立てる手

車買取には、いくつかポイントがあります。まずお店選びの重要性です。

車買取の場合は、お店によってかなり差額が大きくなる傾向があります。なぜなら自動車という物の販売価格が、そもそも高いからです。
自動車は、中古でもそれなりの価格になっている傾向があります。新品でなくても、100万円を超える車なども大変多いのです。
この都合上、買取価格の差額もそれなりに大きくなるのです。例えばお店Aの場合は、買取価格が80万円だとします。それに対してお店Bの場合は、100万円といった具合です。これだけ大きな差が生じるのは、もちろん販売価格の差が一因です。やはり元々の値段が大きいだけに、お店による違いもかなり大きくなります。

このため車買取では、お店選びが非常に重要なポイントになってくるのです。上記のように数十万もの差が付くとなると、決して軽視はできません。
幸いにも昨今では、インターネットで簡単にお店を比べられるようになっています。一括査定のシステムを利用しますと、一度に多くのお店から出張査定に来てもらう事ができます。とても効率良く価格を比べられますから、その一括システムは有効活用すると良いでしょう。
それと車買取では、年式がかなり重要なポイントになってきます。年式とは、車を購入してから経過した年数です。

そもそも中古車ショップでは、何年落ちという表記が用いられている傾向があります。6年落ちや8年落ちなど、それこそ多彩な車がある訳ですが、年数が大きな物ほど、古いタイプになる訳です。
車の買取価格は、10年落ちが1つのポイントになってきます。それだけの年式になりますと、車の買取価格は大きく落ちてしまう傾向があるのです。やはり使い込まれた車となると、それなりに価値も低いと判断されるからです。

このため9年落ちの車をお持ちの方々などは、やや急ぎで手続きを行う方が良いです。1年経過してしまいますと、10年落ちになりますから、それだけ買取価格が下落する確率も高まります。
それと走行距離です。上記でも触れた通り、車が使い込まれているかどうかが、主な査定基準になってくる訳です。走行距離が長い車ですと、やはりお店としても価値は低いと判断する傾向があります。いわゆる過走行車に該当するからです。
とりわけ10万キロという数字は、強く意識しておくと良いでしょう。上記の10年落ちと同じく、それだけの走行距離になれば、買取価格が下がってしまうからです。
以上のお店選びと年式と走行距離という3点が、車買取の主たるポイントと言えます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

楽天オート